交博2005/06/21

 秋葉原の交通博物館が、今年の内に閉館になるという。
2007年の秋を目途に、埼玉県で「鉄道博物館」として生まれ変わるとのこと。

 いまの博物館は、古い車両の座席や、航空機の客室を再現した展示などが充実し、入場料さえ払えば座り放題なので、電気街での買物に疲れた際の休憩場所としてちょうど良かっただけに、残念な気持ちではある。