引っ越しました2007/10/08

(弁天橋から空港方面を望む)
(朝、弁天橋から空港方面を望む)

羽田に引っ越しました。
航空ファンの永澤君あたりにとっては、羨ましい話だったりするのでしょうか。
今日は、雨があがって買い物に行く道すがら、虹の向こうを飛行機が飛んでいくのが見え、それはなかなかに美しい光景でした。

親類のところで空き家が出たということで、その家の様子を見せてもらったのがお盆のこと。
けっきょく2、3週後にはお世話になることに決め、おととい引っ越して来ました。

このあたりは、現代的な羽田空港の様相とは対照的に、漁師町を感じるような味のある風景や風物が多いです。
空港をめぐっての闘争がいまも続いていることや、あまり知られていない「48時間強制退去」の影響でいまだに路地が入り組んでいたり、その路地を歩いているとやたらに稲荷があったりするのを見るにつけ、過去が現在へとつながっている、という当たり前の事をこれほど実感できる土地も無いものだという気がしています。

こんどの家は、小さいながらも一軒家で、段ボールも着実に片付きつつありますので、空港の利用や飛行機見物、または釣り船利用などで羽田にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

句会2007/10/28

朝、真っ暗に閉め切っていた部屋の雨戸を開けると、台風一過というのか、すばらしくいい天気。
妻と土手へ散歩に行ったら、ひさびさに富士山がくっきり見えた。

昼すぎから東銀座で句会。いい歳をして人見知りでもないものだけれど、女性が多くてあがってしまい、つい相馬君へ向かってばかり話してしまったかも知れない。参加された方においては、楽しんで頂けただろうかと心配なところ。

家に帰り、妻と投句一覧をまとめながらあれこれと回想したり、この句はもっと他のことも言えたのにな、というのを惜しむのもまた楽しくおもう。