近況など2008/05/03

 梅や桜が咲いたり、散ったりしているあいだ、仕事もほかのことも、ふりかえってみればこれでなかなか忙しく過ごしていたのかもしれない。
少し落ちついてみれば、天気のよい日には草の匂いなどもし、すっかり初夏の趣である。

 バンド活動を再開していることもあるが、小さいiPodを買ってからというもの、ひさびさに音楽熱があがっていた。時間をみつけては、いろいろなCDを借りに自転車で区内の図書館をあちこちはしごするというのが楽しみのひとつになっている。単純に、街中ではあるが、新緑が勢いづく中を自転車で走るのが楽しいというところはある。

 断酒から1年以上が経って、酒に酔うという感覚もほとんど忘れているものの、その時の気分にちょうど合った音楽を聴いている時の感覚というのは、ちょっと酔った状態に似ているかもしれない。よく晴れた日に、空いている電車の先頭車両に乗っているとか、遠くまで見える土手を歩いているとか、そういうときにイヤホンで音楽を聞いていると、世界はこんなに美しかったかと思う瞬間がたまにある。

 イヤホンで音楽を聴きながら歩いたりすると、周囲への注意がいきとどかなくなって危ない、というところもやや酒に似ているかもしれない。ただ、音楽の方は、電源を切ればぱっと普段の自分に戻るので、始末がいいわけだ。

 音楽に混ぜて落語もいろいろ入れて聴いているが、歩きながら笑ってしまうというのは困ったことだ。何度も聴いている噺であればいいが、初めて聴くやつがいけない。