OB会2008/06/21

フォーク部OB会
(OB会の様子)

 昼ごろから新宿へ。高校時代、フォークソング部に所属していたが、そのOB会があるのだった。

 この集まりがあるまであまり気にかけたこともなかったが、私は歴代の数えでいえば23代目にあたるそうだ。
それを上の代へと辿っていけばそのうち「初代」に行き当たるのは当たり前の話だが、実際にその初代の方々を含め、歴代の方々がこの場所で歓談している、という状況を目の当たりにするのはなんだか不思議な感覚だった。

 さすがに見知っている人は限られたものの、ひとつ上の代の先輩がふたり来られ、その顔を見たとたん緊張が解けて一気に懐かしい気分になる。ひとつ下の代の後輩も来て一緒にテーブルを囲む。
2時間超のスケジュールだったが、各代の挨拶、演奏、シングアウトなど盛りだくさんの内容で、あっという間に時が過ぎた。

 シングアウトは「岬めぐり」「これが僕らの道なのか」「落葉」「マジョリカ」「東へ西へ」など。
私が持参したのはフォークギターではなくギタレレではあったものの、フルストロークでコードを弾きながらみんなと一緒に歌う、という感覚が呼び起こすのか、いろいろと思い出す風景もあった。

 終了後も同じメンバーでしばし歓談したが、帰り道でふりかえってみれば、思い出話よりも「いま」の話に終始していたことが印象的だった。久々に心暖まる時間を過ごした、といっても普段がそれほど寒々しい訳ではないが、旧くから知っている人と会って話すというのは、やっぱり特別な体験なのだった。

(参加された方、とくに幹事の皆様、どうもありがとうございました)