鮫洲にて2009/06/25

じいん...
(じいん...)


 2月頃から、自動車の運転免許を取得するべく教習所へ通っていた。
この前の土曜にめでたく卒業試験に合格し、本日は休みを取得して鮫洲の試験場へ。
本免試験(学科)にも合格し、晴れて免許(AT限定)を取得したのだった。

 免許が発行されるのを待つ間、iPodから「菊次郎の夏」のテーマなどが流れてくると、つらかった教習の場面がいろいろと思い出され、胸にこみあげるものがある。
結果として補習や再試験などは受けずにすんだものの、特に慣れない第1段階(所内)の教習はつらく、いい歳をして泣きそうになってしまったときもあった。涙目くらいにはなっていたかもしれない。

 まったく思いがけないことだったが、くじけそうな時や、検定試験の前などの場面では、松岡修造の動画に非常に励まされた。
フィギュアスケートをよく観ていたころは、うるさくて顔を見るのも嫌だと思っていた人だが、動画配信サイトでたまたま見つけた動画の、頑張れ頑張れ、できるできる、あきらめるな...といった声の数々が、そういう場面ではなぜだか「効く」のだった。
つらい場面を過ぎた今となっては、やはりうるさくて顔を見るのも嫌である。
スポーツの場などでは、やっぱりこうしたストレートな言葉が有効なのかもしれない。
あるいは、苦しい状況の人が新興宗教などに転びやすいというようなものか。

 思い違いをしていたのは、免許をとる位の段階になれば、もう自由にどこへでも好きなところへ運転して行けるようになる、と思っていたことだ。
路上教習はだいたい決まったコースを走るので次第に慣れたものの、初めての道となるとまだまだまったく自信がない。
教習所へ行く前は、取得後は必要な時にレンタカーでも利用すればいいや、と思っていたが、最初は中古車でも買って、少しづつでも日常的に運転する方がよいようだ。

 といっても、実際にクルマ購入に向け準備を進めてみると、駐車場の確保や保険加入など、いろいろと面倒な事が多く、まったく江戸ッ子の持ち物ではないという気はする。