床屋の冥府2007/06/07

形を整えているのだか知らないが、細かく鋏を動かしながら、
いつまで切っているつもりなのか、その床屋の仕事は馬鹿に丁寧だった。

眼を瞑ったまま、ただじっと終わるのを待つうちに
眠気のせいでもあるのか、時間の感覚がおかしくなった。

会社の帰りに寄った筈だが、今が夜だったか、昼だったか、
平日だったか休みだったかが次第に判然としなくなってきた。

いつかは鋏が止まり、頭を洗う段取りに進む筈だというのは
頭では判っていたものの、何かの迷いで、ここからいつまでも
抜け出せないものも稀にはあるような気がして怖くなった。

物申す2007/02/25

ねつ造とか、改ざんとか
ら致とか、だ捕とか

はっ酵乳とか


せん争反たい!

春がきた2006/03/22

ららら~♪

 ららら~♪



あっやられた(倒れる)






   ららら~♪

梅は咲いたか2006/02/07

 桜はまだなのか

秋雨2005/10/27

 ずいぶん長いこと更新されない、何かあったのだろうかと、半ばその身を案じるような気分になりかけていたものの、自分のblogは自分で記事を書かないと更新されないのだった。

 そのことを教えてくれたのは、日曜の午後の小さなできごとだった。その日、私は

ばた2005/06/04

 「ちびくろさんぼ」の話を、たとえば学芸会で上演しようといった場合に、あの場面はどのように表現されるのだろうか。

 <あんまりはやくまわったので、あしもしっぽも、あたまもからだも、とうとうどろどろにとけて、とらのばたーになってしまいました>

 どこか遠くの小学校で、どうしたものかと途方に暮れている教師の心境を想像しながら、これはことによると、トラックバックするかも知れないぞ、という考えが頭をよぎった。

儀式の効用2005/05/27

 昨日は誕生日だった。

妻が、じゃーんと云いながら箱を開けると、ケーキの上に、おたんじょうびおめでとう(○○ちゃん)と書かれた砂糖菓子がのっていた。
 箱の中にはろうそくも入っていて、三十歳の男の前に、三つの火が揺れることとなった。
それをふうっと吹き消しながら、そういえばおれ、こういうの初めてだったよなと気がついた。
 そのせいかどうかわからないけれど、なぜだか今日が大晦日の夜であるような錯覚に陥った。