この感覚2008/01/19

 朝、御茶ノ水のバンド練習スタジオへ。
十年ぶり位なのだろうか、かつてのメンバーがそろっての練習があるのだった。

 ギターの腕前についてはさすがにブランクが隠せないものの、想像していたより、わりとまともな練習になったのではないか。
もっと、全然だめだったら困るなと思っていた。ピックが弦にうまく当たらないとか。

 実際にこうしてスタジオという「場」があると、やっぱり、もっと曲を作ったり、ちゃんと練習しようという気にもなってくる。
 ただ、その気になっている内にやらなければいけないわけだ。

 午後、いったん家に帰ってひと休みしたのち、妻と三軒茶屋へ。Nibrollの公演を観る。
バンドとはまた違った表現ではあるけれど、相乗効果というのでしょうか。がぜん、表現することへのモチベーションが高まってしまったのだった。